MENU 一覧はこちら more

豆知識

酸素誕生秘話その2

地球で奇跡が起きているとき、地球上の生命にも新たな奇跡がおきました。酸素を利用して生きていける生物、つまり呼吸をして生きるミトコンドリアの祖先が誕生したのです(生物と言ってもまだ単細胞生物ですが)。それまでの地球には酸素がなかったわけですから生命は当然呼吸をしておらず、酸素を必要としない生命しかいませんでした。ところが酸素で生きる生命が登場したことによって、酸素なしでも生きられる生命とのし烈な戦いが始まります。結果、生存競争に勝ったのは酸素が必要な生き物でした。

 

16

理由はいくつか考えられますが、最大の理由はエネルギー生成効率だと考えられています。あらゆる生命の活動エネルギーであるATPの生成において、酸素アリと酸素ナシでは16倍もの差がつくことが証明されています。単純に比較して、16倍もの体力を誇る相手に勝てるわけはありませんよね。こうして酸素ナシで生きる生命体は地球から姿を消していきました。

さらにここで、地球の歴史上最大級の奇跡が起きます。荒れ狂う海のなか、酸素ナシの生命体の中に酸素アリで生きる生命体を体内に取り込むことに成功した生物が現れたのです。その新生物は、さらに多細胞生物となってその機能をどんどん拡げていきました。最初は吸収器官しかありませんでしたが、やがて脳や消化器官といった人間につながる機能を備えていきます。さらにヒレができて移動距離が飛躍的に伸び、眼を持つことによって一気に進化しました。酸素の発生から35億年。海で生まれた新たな生命体は気の遠くなるような時間を経て、私たち人間へと進化を遂げたのです。

人間は酸素なしでは一日たりとも生きていけません。その背景には35億年という壮大な地球と酸素の歴史があったのです! 日々の生活の中でも深呼吸等を通じて体内にたくさん酸素を取り込み、ぜひすこやかで健康な日々をお過ごしください!

Folding O2 Capsule® O2GOLD

CLOSE